あがり症と話し方の専門家:新田祥子の著書、動画講座

新田祥子の動画講座

新田祥子の動画講座紹介

2022.09.20

「脳が安心すればあがらないOnlineセミナー」配信開始

「脳が安心すればあがらない」の提唱者・新田祥子が、Onlineあがり症克服セミナー配信開始。第一回目はあがり症克服のためにすべきこと、話し方の専門家になるまでの経緯についてお話します。

2022.09.20

あがり症の克服は難しいが、脳を安心させれば簡単でもある

あがり症の克服は、とても難しいです。しかし、脳が安心すればドキドキしないので、とても簡単でもあります。人はなぜあがるのかを視点に、あがりと脳の関係やあがりの背景などについてお伝えします。

2022.09.20

「いまずぐあがらずに話す!」を実現する話し方レッスン

「今すぐあがらずに話したい」人に、すぐに実践できるあがりにくい話し方のレッスンです。「リズムを整える」のリズムは、活性化した交感神経のリズムをコントロールするためのものです。

2022.09.20

あがるのは脳の仕事。あがりと脳と自尊心の関係

あがるのは、あなたの脳が健全で、しっかりお仕事をした証明でもあります。「人はなぜあがるのか」の視点で、あがりと脳と自尊心についてお話しています。

2022.09.23

最初のスピーチからドキドキせずに話せるのはなぜ?

多くの人をあがり症からの解放に導いた話し方は、「あがりはリズムの乱れである」との仮説と、安心感の原始的な記憶に注目したことで誕生しました。

2022.09.23

あがり症克服には“いまドキドキせずに話せている”記憶が重要!

ドキドキせずに話せている実感が、あがり症からの解放につながること、あがり症が病気で投薬治療の対象となっている背景について話しています。

2022.09.23

中学2年の本読みで声が震えあがり症に、はなぜ多いのか?

10代でのあがり症発症は世界規模でも多いのですが、とくに中学年2年からあがり症という人はとても多いです。それはなぜなのか、解説しています。

2022.09.27

あがり症の人が絶対にやってはいけないこと&あがった時の対処法

あがり症の人が絶対にやってはいけないことのひとつは、いつも通りに話すこと。なぜなのかの理由と、あがった時の対処法などについてお話しています。

2022.09.29

過去は全員がひどいあがり症、今はどんな場面も大丈夫!

話し方教室セルフコンフィデンスのOBが語る、「私たちのあがり症克服物語り1」です。参加者は14年前、10年前、4年前に受講された皆さんです。

2022.09.29

朝礼のスピーチさえダメだったのに、今は完全にあがり症と決別

朝礼でのスピーチさえ言葉が出なくなるほどのあがり症だった方が、今ではセミナーや講演で堂々と話し、テレビにも出演されるなど、あがり症とは完全にさよならです。

2022.09.29

講演先に突然のテレビカメラ、受講前なら気絶していました(笑)

講演先で突然にテレビカメラが入るとの連絡。なにも問題なく対応でき、あがることもありませんでしたが、受講前なら気絶していたと打ち明けます。

2022.09.29

あがるかも・・・と思ったら、「トントン」でコントロール!

トントンは交感神経の活性化を抑え、ドキドキなどあがりの症状を緩和するのに有効ですが、誕生は、安心感の原始的な記憶に注目したことがきっかけでした。

2022.09.29

重度のあがり症からの解放は、人生の大きな価値となりました

あがり症が人生を狭くすることを身をもって体験し、長いこと苦しんだ齋藤さん。あがり症からの解放は人生の大きな価値と語りますが、その気持ち、よく理解できます。

2022.09.29

自分の中のルールを解きほぐし、今では300人の前でも大丈夫!

大学からの講師依頼をきっかけに受講し、自分の中にあったネガティブなルールへの気づきが、あがり症から解放につながり、あがり症からはすっかり解放されました。

2022.09.29

あがりのメカニズムを知ったことで、自責感情やあがり症から解放

なぜドキドキしてしまうのか、なぜ息苦しくなってしまうのか、あがりのメカニズムを知ったことで自分を責めなくなり、あがり症から解放とポジティブ思考を実現。

このページをご覧の方はこちらのページも興味を持たれています。
受講する前に講座内容を確かめたいという方へ!
お申込み・お問い合わせはこちら
講座開催日程を確認されたい方はこちら
講座開催日程一覧を見る
お電話でのお問い合わせ
tel:03-6215-8515

受付時間:10:00~18:00(土日祝定休)

ホームページからのお申込み・お問い合わせ
お申込み・お問い合わせはこちら