あがり症と話し方の専門家:新田祥子の話し方教室「セルフコンフィデンス®」

コラム

途中から息ができなくなる

話の途中で息苦しくなり話すことができない、という悩みをもつ方は多いですね。あがり症の多くの人は、発表当日まで何日も強度な予期不安の中で過ごすため、話しはじめた途端にあがり度がMAXになり呼吸ができないというのが一般的ですが、話の途中から息苦しくなるという症状は、少し理由や原因が異なります。


頭が真っ白になって言葉がでてこない

頭が真っ白になる原因の多くは、「暗記」や「練習のしすぎ」にあります。しっかり準備をして脳内にメモをつくり、そのメモのとおりに話そうとした途端に、頭が真っ白になり思考停止になってしまいます。 暗記や覚えようとする背景には、失敗してくない、忘れたらどうしようという不安感情があるからなのですが、間違えたらだめなことって数字ぐらいです。話の内容や順番は多少違っても問題はありません。私たちは人と話をするとき、いちいち覚えたり暗記したりして話をしたりしませんよね。それでも問題なく会話がつづきます。スピーチや発表も同じです。


セミナーは24時間

話し方教室セルフコンフィデンスⓇのあがり症克服講座のセミナー時間は、総計24時間です。なぜこのような時間が必要なのかといいますと、理由は大きくは2つです。ひとつは、あがり症を克服するために必要なさまざまなスキル習得のために必要な時間であること、もうひとつは、ドキドキせずに話せたという記憶の上書きをしっかり脳に刻んでいただきたいからです。


ドキドキして話せない

あがったことや緊張していることを、いちばん最初に知らせてくれるのが心臓のドキドキです。同時に、あがり症の人にとってはもっともイヤな症状でもありますね。なぜドキドキしてしまうのかというと、人前で話すことに対する不安感や嫌悪感がストレスとなって交感神経が優位にはたらき、その刺激で中枢神経が活性化し、筋肉や血管の収縮を招いてさまざまな身体症状につながるからです。 ドキドキする、震える、汗をかく、手が冷たくなるなどの症状はすべて、ストレスセンサーである交感神経や中枢神経や筋肉の反射というシステムの中で起こります。


声が震える、声が小さい

あがり症になると、声が小さい、声が震えるという悩みが多くなります。これらは人前で話すことに自信がないと自動的にでてしまう思考であり症状なのですが、そもそも声とは何かというと、声帯に息を吹きかけて出す「音」です。 音はもともと波ですから、緊張から全身の筋肉が収縮しているときは呼気が弱くなり声が小さくなります。同時に音の波も大きくなりますから、声の「震え」として認識してしまいますね。


< 1 2 34 >
このページをご覧の方はこちらのページも興味を持たれています。
受講する前に講座内容を確かめたいという方へ!
お申込み・お問い合わせはこちら
講座開催日程を確認されたい方はこちら
講座開催日程一覧を見る
お電話でのお問い合わせ
tel:03-6215-8515

受付時間:10:00~18:00(土日祝定休)

ホームページからのお申込み・お問い合わせ
お申込み・お問い合わせはこちら