あがり症と話し方の専門家:新田祥子の話し方教室「セルフコンフィデンス®」

「あがり症を克服して強くなりたいです」

「あがり症を克服して強くなりたいです」

このメッセージをくれたのは、20代後半のビジネスマンでした。 あがり症によって彼がこれまでに経験してきたであろうたくさんの葛藤が想像できて、胸が熱くなると同時に、彼がセルフコンフィデンスのホームページを見つけてくれて本当によかったと心から思いました。 今回のコラムは、この受講生からのメッセージについて考えていきたいと思います。


最初のスピーチから「ドキドキせず、声が震えずに話す」を実現

多くの人が驚かれますが、私の講座では最初のスピーチから「ドキドキせずに話す、声が震えずに話す」ことを実現しています。 また、2か月目からはスピーチ時にプレッシャーをかけてドキドキしない脳をつくっていきますが、ここでも99%の人がドキドキゼロで、98%の人がメモなし準備なしでもドキドキせずに話せています。なぜこのような驚異的なことが可能かといいますと、ひと言でいえば、エビデンスに基づく確かな理論とその理論を実現するツールがあるからです。


ドキドキしながらの場数は「身体の内部の反応」まで記憶、あがり症克服にはつながりにくい

もしかしたらあなたは、場数を踏めばドキドキせずに話せるようになりあがり症が克服できる。そのように考えているかもしれません。しかし残念ながらそうではありません。 なぜならドキドキしながらいくら場数を踏んでも、人は自分が「ドキドキしている、声が震えている」ということを認識しますし、私たちの脳は、ドキドキや声の震えを促す「神経細胞の活性化や筋肉の収縮」という身体の内部の変化までもを記憶しているからです。


たくさんの人から「職場でドキドキせずに話せた!」の報告が届いています

人は記憶に基づいて未来を予測・イメージする動物。必要なのは、「ドキドキせずに話せた、声が震えずに話せた」という実践による経験です。 この記憶があるから職場でもあがることなく、また緊張することなく話すことができるのです。ぜひあなたもセルフコンフィデンスで、「ドキドキしないで話せている、声が震えずに話せている」経験を重ね、あがり症を克服しましょう。多くの人から職場や結婚式で「ドキドキせずに話せました!」という成功体験の報告が届いています。



※受講者の成功体験の報告はこちhttps://www.droppies.com/kouka/voice/



※話し方教室セルフコンフィデンスのホームページはこちらhttps://www.droppies.com/


このページをご覧の方はこちらのページも興味を持たれています。
受講する前に講座内容を確かめたいという方へ!
お申込み・お問い合わせはこちら
講座開催日程を確認されたい方はこちら
講座開催日程一覧を見る
お電話でのお問い合わせ
tel:03-6215-8515

受付時間:10:00~18:00(土日祝定休)

ホームページからのお申込み・お問い合わせ
お申し込み・お問い合わせはこちら