あがり症と話し方の専門家:新田祥子の話し方教室「セルフコンフィデンス®」

中学2年の本読みで「声が震え」、以来あがり症に、が多い理由

中学2年の本読みで「声が震え」、以来あがり症に、が多い理由

あがり症を発症する年代で最も多いのが、10代です。とくに中学2年生での本読みで声が震え、それいらい人前で話すことが苦手という人は圧倒的に多いです。10代での発症は世界共通のデータなのですが、なぜ10代に多いのかといいますと、実は中学2年生の頃に脳が変わり、大人に近い脳になることが原因と考えられます。

中学2年で大人に近い脳になり「恥」を知る

大人に近い脳とは何かというと、自意識がより複雑になる、ということです。複雑な自意識は人前での「恥」をも認識しますから、本読みや発表時のドキドキや声の震えに敏感に反応します。そして、この経験はたった一度で記憶され、次の発表のときの恐怖心(予期不安といいます)を喚起し、あがり症を強化していくのです。

大人に近い脳になる背景の詳細は省きますが、多くのあがり症の方をみてきた経験から、私は中学2年生という年齢を基準に5年を加減し、幅をもたせて捉えても良いと考えています。なぜなら脳は刺激に反応し脳の成長にも個人差がありますから、小学生の時の本読みで声が震えて発症する人もいれば、高校生のときの発表で息苦しくない発症する人もいる、というのがその理由です。

「あがり症は必ず克服できる」を実証

では、あがり症をどのようにして克服していけばよいか、そこには明確な理論があります。たとえばそれは、声が震えずに話せた、ドキドキせずに話せた、という記憶をつくる「話し方」に関する理論であり、脳が安心すればドキドキなどの身体症状も起こりませんから、脳を安心感で満たすメンタル面でのコーピング法や心理教育等における理論です。

あがり症は、単なる場数やスピーチの練習で解決できるほど単純な問題ではありませんが、必ず克服できます。その理論とツールをもって指導・介入し、高い実績で信頼されているのが話し方教室セルフコンフィデンス®の「あがり症克服講座」です。

このページをご覧の方はこちらのページも興味を持たれています。
受講する前に講座内容を確かめたいという方へ!
お申込み・お問い合わせはこちら
講座開催日程を確認されたい方はこちら
講座開催日程一覧を見る
お電話でのお問い合わせ
tel:03-6215-8515

受付時間:10:00~18:00(土日祝定休)

ホームページからのお申込み・お問い合わせ
お申し込み・お問い合わせはこちら