あがり症と話し方の専門家:新田祥子の話し方教室「セルフコンフィデンス®」

コラム

オンラインセミナーであがり症から解放された高校生からのメッセージ

オンラインあがり症克服セミナーを受講された高校生の方とそのお母さまから、辛かったあがり症から解放されたとの喜びのメッセージが届きました。ご了解を得て皆さまにご披露いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



新田先生、こんにちは。田中〇〇です。



この度は、あがり症のご指導頂きありがとうございました🥰



お陰様で、学校に行くのが辛くなくなりました! 授業で当たった時も全く声が震えたりせず、授業の効果を実感できました。



本当に本当に、ありがとうございました😭💞



 



以下はお母さまからのメッセージです。(主宰者記)↓



新田先生



この度はご指導いただきまして、本当にありがとうございました。レッスンが終わってしまい、娘は寂しがっています。私もずっと隣で拝見していましたが、レッスン毎に娘が自信を持っていく様子がよく分かりました。



レッスン初日、自己紹介の時にこっそり「緊張して気持ち悪い」と言ってきたので、実は私が背中をさすっていました。それがウソのように、今は授業で当たっても動じることなく発言できるようになり、本当に嬉しく思います。



他の受講者の方々も、高校生の娘に対して、対等に接してくださり、感謝しております。



これからも大きな発表など、不安を感じるようなことがあれば、またご相談させていただければ幸いです。



ほんとにありがとうございました。



母より


あがり症を克服する⑤──あがり症と話し方の本が出版されました

このたび、あがり症を克服し話し方を改善するための本が出版されました。現在、アマゾンで予約受付中です。



「人前であがらすに話せる100の法則」(日本能率協会マネジメントセンター)



大きな特徴は、あがり症と話し方の両面について、科学的な根拠をもとに「原因と解決法」が紹介されていること。



また、法則なので、「こうすれば、こうなる」ということを、あがりと話し方の両面から分かりやすく紹介。当講座の特徴である、最初のスピーチからドキドキせずに話すための理論や改善法が、100個も網羅されています。



話し方は、化粧やファッション以上にその人自身が表れてしまうもの。とくに社会での活躍場面が増えれば増えるほど、話し方に対するコンプレックスは密かな悩みとなることが多いです。本書が、コンプレックスを自信に変える一冊として、たくさんの人のお役に立てれば嬉しいです。



 



あがり症でお悩みの方は、下記までお気軽のお問い合わせください。



声の震えや滑舌の問題にもしっかりお答えできます。



お申込み・問合せ|あがり症克服なら東京の話し方教室セルフコンフィデンス (droppies.com)


あがり症を克服する④──脳が安心すればあがらない

私のあがり症克服の理論は、「脳が安心すればあがらない」というものです。あがり症の人がもっともイヤなドキドキや震えは、交感神経の活性化によって起こりますが、実は脳が安心すれば交感神経の活性化も起こらず、もちろんドキドキもしません。



そして、なぜ多くの人が何十年もあがり症で苦しむのかというと、理由は明白で、ドキドキしながら場数を踏んで克服しようとするためです。そもそも場数とは何かというと、ひと言でいえば記憶の上書きです。プレゼンやスピーチという言葉で、身体の内部のシステムが変化することをしっかり脳が記憶してしまっているのです。



あがり症克服に必要なのは、ドキドキしないで話せた場数です。そのために、私が主宰する「あがり症克服講座」では、99%の人が最初のスピーチからドキドキせずに話すことを実現しているのですが、なぜそのようなことが可能かというと、あがり症を克服するための理論があるからです。



次のページでは、「脳が安心すればあがらない」の背景にある理論についてご紹介します。


あがり症を克服する③──あがり症を克服に必要なこと

あがり症の方は、「人前で話すたびにあがり、あがり症を強化」していますが、皆さんにはどのようなイメージでとどくでしょうか。もしかしたら何もイメージできず、脳内に?マークが浮かんでいるかもしれませんね。



なぜこのような言葉を述べたかといいますと、実は、➀「あがり」と「あがり症」は異なること、②あがり症を克服するためには、いま「あがらずに話せている」という記憶をつくることがたいせつである、ということをお伝えしたかったためです。



人は記憶に基づいて未来をイメージし、イメージできたことは実現しやすいですから、あがり症克服に、「ドキドキせずに話せた」という記憶は必須です。そのために当講座では最初のスピーチからドキドキせずに話すことを実現するのですが、ドキドキしながらどれほど場数を踏んでも、残念ながらあがり症は克服できません。



なぜなのか。次ページでは理由のひとつである、「あがりとあがり症の違い」についてお伝えします。


あがり症を克服する②──あがり症からの解放に導く講師の役割とは

主宰するあがり症克服講座の受講生の方々から、あがり症から解放された喜びと感謝のメッセージをたくさんいただきます。あがり症は人生を狭くしますから、克服のお役に立つことができとても幸せな仕事だと、私のほうこそ感謝しておりますが、本日は、私があがり症克服講座を開くことになったきっかけと、私の講座の独自性について少し書いてみたいと思います。





私が話し方教室セルフコンフィデンスを開設するに至ったきっかけは、ある話し方教室に行ったことでした。その教室ではひたすらスピーチの練習をすることで、介入や教示と言われるものはほとんどありませんでした。いまから20年ぐらい前の話です。当時セミナーは2時間で、初日は無料で体験ができ、自己紹介の方法と実践で自己紹介をし、最後に質問タイムがありました。



セミナー中にたくさん疑問を感じていた私は、いちばん知りたかったこと、➀「人はなぜあがるのか」ということと、②「あがり症が克服できたことは、何を基準に判断するのか」という、2つの質問をしました。先生の答えは、・誰でもあがるから仕方がない、・しっかり練習して場数を踏めば克服できます、というものでした。



まったく納得できない答えでしたが、このレベルでどのような指導をするのかに興味がわき、受講することにしました。その結果、あがり症で悩んでいる方がたくさんいるのに、それにきちんと対処できる施設がないことを知り、あがり症克服の理論を構築し、話し方教室セルフコンフィデンスを開くことになったのです。



次ページでは、私が考える講師に求められる役割についてお伝えしたいと思います。

 


< 12 3 4 >
このページをご覧の方はこちらのページも興味を持たれています。
受講する前に講座内容を確かめたいという方へ!
お申込み・お問い合わせはこちら
講座開催日程を確認されたい方はこちら
講座開催日程一覧を見る
お電話でのお問い合わせ
tel:03-6215-8515

受付時間:10:00~18:00(土日祝定休)

ホームページからのお申込み・お問い合わせ
お申込み・お問い合わせはこちら